『エリスの聖杯 2』[常磐くじら/GAノベル]

十年前に冤罪で処刑された公爵令嬢スカーレット・カスティエルの亡霊と、誠実が家訓の地味な子爵令嬢コンスタンス・グレイル(愛称コニー)。性格も考え方もまるで違う凸凹コンビが、スカーレットの「復讐」のために10年前の事件の真相を探るうち、国を脅かす巨大な陰謀に足を踏み入っていくクライム・サスペンス2巻。(なお、1巻読了後に結局我慢ができずWEB版読了)

2巻は、なろう掲載版の「回想(エルンスト・アデルバイド後編)」まで収録。この巻で、スカーレットの旧知であり2年前に自死したリリィ・オーラミュンデが遺した「エリスの聖杯を破壊しろ」という言葉の意味、かつてスカーレットが知らず巻き込まれていた陰謀、そして、何故彼女の処刑が止められることがなかったのか――と、そのあたりの事情が明らかに。スカーレット処刑の真相が、やはりつらい。他に選択肢はなかったのか、本当になんとかできなかったのかと、どうしても苦い気持ちになってしまいますね……。また、リリィの自死についてもその経緯が詳らかになりましたが、さすが、生前のスカーレットと(本人たちは素直に認めないにしても)長年友人やってただけあって、このひとも苛烈な人だ。文字通り命をかけたリリィの「時間稼ぎ」、ひとつは凸凹コンビの結成により無事に実を結びましたが、あともうひとつははてさて、というところ。
そんなこんなで、本筋では国家間陰謀劇のシビアな展開が否応なく繰り広げられている一方、コニーとスカーレットのお互いになんだかんだ相手を信頼して気を許してるやりとりや、コニーの婚約者になったランドルフとの亀の歩みで進展している関係(ただし、お互いの性格もあって若干斜め上)等のエピソードが挟まれているおかげでほどよく息がつける感じ。

話数的に次の巻で本編完結かな。追加エピソード等あるかどうかも含めて、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください