舞台「PSYCHO-PASS Virtue and Vice」を観てきた話。

令和最初の観劇で、近未来SFアニメシリーズ「PSYCHO-PASS」のスピンオフ舞台・大阪公演に行ってきました。以下、考察とかは特にないふわっとした感想(ネタバレ有)
あ、ちなみに私のシリーズ履修具合は、アニメは映画含めて全部見てるけどノベライズまでは追ってないレベルです。
“舞台「PSYCHO-PASS Virtue and Vice」を観てきた話。” の続きを読む

『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 1「case.剥離城アドラ」』[三田誠/角川文庫]

Fateシリーズ派生作のひとつ。Fate/ZEROと同じくTYPE-MOON BOOKS(自費出版)で発売されていたシリーズの、一般流通書籍版。
内容は、第四次聖杯戦争で生き残った少年ウェイバーが、諸々あって「時計塔」の君主(ロード)・エルメロイⅡ世(以下、ロード)となってさらに数年後。第五次聖杯戦争が始まる少し前に、必然として遭遇する様々な魔術的事件を解き明かしていく、広義のミステリ。Fate派生作品としては、他作品が本編と多かれ少なかれ本編と「ずれた」世界の物語とされているのに対して、この作品は同一軸で展開されているのが特徴。

で、この1巻。ロードの内弟子であるグレイを主な語り部として、死去したある魔術師の「遺産」に絡んで発生した事件が展開されていきます。ミステリとしてはまあ、前提条件として魔術が実在する世界ですし読者側に必要な情報・知識が適切に開示されているかといえば首をひねることになってしまいますが、ロードがあれこれと考察する場面等でミステリ気分は問題なく味わえるかと。
Fate他TYPE-MOON作品の一角を担う作品としては、タイトルにもなっているロードだけでなく他作品のキャラの出演や世界設定の補強・掘り下げ等が物語を邪魔しない程よい分量で盛り込まれているので、読んでてニヤリとできます。逆に、そのあたりの情報がまったくない方がどう感じるのかはちょっと気になる。
キャラクターとしては、時間を経ていろいろ変わったところもありつつ、根っこの部分はわりとそのままなロードの姿が実に好み。終盤の「ボク」と「私」が入り混じった一連の語りの場面とかラストのとある人物に返した言葉とか読むと、最終的には……なのが分かっていても彼の夢が叶うことを願いたくなりますね……。あと、事件簿が初登場となるグレイやちょっとだけ登場したロードの義妹ライネスは、あらためて読むとグレイに関しては意外な素性が明らかになったりアドラでの出来事を通して精神的な変化が描かれたりはしたけれど、まだ顔見せ程度で各自の色はさほど出ていない印象。まあ、彼女たち(そしてこの後の巻で登場する面々)については今後のお楽しみということで。

アニメ化が決定している5冊目までは毎月発売されることが決まっているようなので、のんびりシリーズ再読するつもり。自費出版版最終巻も今月発売される予定なので、楽しみにしてます。

作品名 : ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 1「case.剥離城アドラ」
    【 amazon , honto
著者名 : 三田誠
出版社 : 角川文庫(KADOKAWA)
ISBN  : 978-4-04-108074-0
発行日 : 2019/4/25

『Fate/strange Fake(5)』[成田良悟/電撃文庫]

数年前のTYPE-MOONエイプリルフール企画に端を発したFateシリーズスピンオフ作品、5巻目。内容としては4巻で始まった病院前のバトルがメイン。バトル描写に力が入った反動なのか作中時間がほとんど進んでいないのは良いのか悪いのか。

感想としてはいろいろとあるんですが、とりあえず一番は「フラット君のヤバさがまた跳ね上がった……」でしょうか。以前の巻で死徒化は効率悪いからやらないと言ってたけどそっちの方法はありなんだとか、デュマに訝しがられたりアルケイデスには「何か」を察せられたりとか、早く設定全部明かしてほしいなあ……。あ、それと出番少なめでしたがエルメロイⅡ世がフラット君のことを心配してる(&教室の卒業生たちに少し言及があった)ことにほっこり。なんだかんだあってもこれだけ心を傾けてもらえるなら、そりゃあフラット君も教授に懐くよね。その他、デュマの能力ある意味無茶苦茶だなとか、警官組がかっこいいな!とか、最初の脱落者(?)があなたになるんですか!とか、シグマ&偽アサコンビが急速にメイン主人公っぽくなってきてるようなとか、ウルク組が揃ってまたやばい感じになってきたとか、いろいろと気になることはたくさん。ラストで病床の繰丘椿が作り出した世界に引きずり込まれた組と、現実世界に残っている組に別れたことになりますが、ここからどう展開していくのか気になるところ。特に、椿ちゃんに相対する組は、彼らが知らぬところで嗤うジェスターの言葉をどうやって覆えしてくれるのかなー(覆してくれないと逆にキツイ)
そうそう、今回も本家Fateや派生作品からの小ネタは読んでてニヤリとしましたが、FGOプレイヤーの大半が「そこのところもっと詳しく!」となったであろうデュマとエドモンのやりとりの完全版がいつか読めますように……いっそFGOにデュマ実装して幕間やってくれてもいいよ……

さて。まだまだ風呂敷を広げまくっているようにも感じるこのシリーズも、あとがきの作者氏の言葉によればこれで中間点らしく。この聖杯戦争がどんな形で収束していくのか楽しみにしつつ、成田先生にはご無理はなさらないよう心から願っております……

作品名 : Fate/strange Fake(5)
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 成田良悟
出版社 : 電撃文庫(KADOKAWA)
ISBN  : 978-4-04-893519-7
発行日 : 2019/4/10

『マルドゥック・アノニマス4』[冲方丁/ハヤカワ文庫JA]

「スクランブル」、「ヴェロシティ」に続く、マルドゥック市を舞台にしたSFシリーズ。シリーズ完結編となる第3部、4巻目。

4巻読了時の感想「やっと! ここまで!!!!!」の一言。いや、あとのための溜めだと分かっていても、3巻までは結構鬱々としてたというか、しんどい展開が続いていたので……。3巻ラストから続く4巻でようやく、その鬱憤が晴れた感じ。
4巻ではバロットがウフコックを救出してから協力者の援護を受けてともに施設からの脱出と敵への反撃を繰り広げる現在と、ウフコックが囚われていた間、それを知ったバロットが彼を見つけ出すまでのことが交互に語られていきますが、バロットの成長が本当に著しくて。もちろんまだティーンエージャーですから至らないところもあるけれど、それでも「テスタメント・シュピーゲル」終盤の涼月を思い出すような頼もしさと安心感がありました。彼女がどんな経験を経て協力者を得てあの場所に辿り着いたのか、ウフコック救出までの空白の時間の全貌が明らかになるのが待ち遠しい。
ところで、「アノニマスはウフコックの死が描かれることになる」という以前のインタビューがありましたが、そこに至る経緯は私が想像していたのとは違うことになるのが確定した(3巻ラストですでにその流れになってたけど)ので、ちょっとほっとしてます。フラグメンツでのあれは悲鳴を上げそうになったから、あれが最期じゃなくて本当に良かったけど……こうなると、「シザーズ」絡みになるのかなあ。

おそらく物語はこれで折り返し地点になるのかな。語られてきた敵のバックボーンと都市の悪徳と腐敗に、バロット&ウフコックコンビとイースター・オフィスと協力者の面々はどう立ち向かうのか。続刊が楽しみです。

作品名 : マルドゥック・アノニマス4
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 冲方丁
出版社 : ハヤカワ文庫JA(早川書房)
ISBN  : 978-4-15-031367-8
発行日 : 2019/3/20