「封神演義」と「FGO」舞台を配信他で鑑賞した話。

今日は宝塚雪組「ファントム」東京千秋楽の日でした。ライブビューイングがご用意されなかった私はしょんぼりお留守番だったので、こうなったら明後日発売される円盤は速攻で確保したいと思っています。
で。「ファントム」生じゃなくてももう一回観たかったなああああと観劇後の簡易感想を書いてるノート(アナログ)を見返した流れで、1月に配信&ライブビューイングで観た2.5次元舞台の感想を簡単に。

「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」
・フジリュー版封神演義はメディアミックスに恵まれない作品、という印象が強くて、今回の舞台もどうだろうなあと心配していたのですが、原作ファンも納得できる仕上がりになっていたのではないかと。少なくとも私は満足した。
・内容的には封神計画の始まりから聞仲との初戦まで。時間的にカットされる部分があるのは仕方がないとして、その影響を最小限にしてうまく内容を繋いでいたと思う。……なぜアニメはそれができなかったのか、本気で謎。
・演出担当の吉谷光太郎さん、私が観てる彼の演出作品がたまたまそうなのか、それともそういうこだわりで作ってらっしゃるのか、映像演出がほとんどなく舞台装置やアンサンブルの動きであれこれ表現されるのが、舞台観てるー!って感じになってとても良い。好き。
・妲己ちゃんが妲己ちゃんだった。
・四不象がああいう形で舞台にいるなら、黒点虎もいて良かったと思うんですがー!

「Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-」
・女性マスターVer、男性マスターVer、両方ともライブビューイングで観てきた。
・こちらも時間の都合であれこれカットされてる。それは仕方がないと思いつつ、封神演義のときよりつなぎ方を残念に感じたのは、アナの花飾りとか作中で伏線っぽく取り上げた部分がそのまま流されてたりしたからか。あと、難しいのは分かるけど、ティアマト戦はもう少しなんとかできなかったのかなー。
・歌はダヴィンチちゃんのソロがすごかった。イシュタルとシドゥリさんもうまかった。
・千里眼とギルギルが耳に残る。あれは洗脳ソング。ドクターの歌は深く考えると顔を覆いたくなる1部クリア勢。
・ゲーム中でわかっていたけど、よりトラウマが濃くなるシドゥリさんの最期……
・ラフムの動きがきもちわるい(褒め言葉)
・アンサンブルのみなさんの生き生きとした動きに加えて生パーカッションは適宜場を盛り上げてくれる、ウルクの活気に満ちた描写が良かった。ウルクは健在だし、滞在楽しかったです!と言いたい気持ちがより強くなった。
・終局も舞台やるのかな……? もしやるなら、内容的に6章と7章だけだといろいろカバーできないと思うけど、どうするんだろう。

特に2.5次元舞台は、人気と集客が見込める舞台だと配信やライブビューイングが実施されることが多いから、チケットがご用意されなかったときはありがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください