『マルドゥック・アノニマス4』[冲方丁/ハヤカワ文庫JA]

「スクランブル」、「ヴェロシティ」に続く、マルドゥック市を舞台にしたSFシリーズ。シリーズ完結編となる第3部、4巻目。

4巻読了時の感想「やっと! ここまで!!!!!」の一言。いや、あとのための溜めだと分かっていても、3巻までは結構鬱々としてたというか、しんどい展開が続いていたので……。3巻ラストから続く4巻でようやく、その鬱憤が晴れた感じ。
4巻ではバロットがウフコックを救出してから協力者の援護を受けてともに施設からの脱出と敵への反撃を繰り広げる現在と、ウフコックが囚われていた間、それを知ったバロットが彼を見つけ出すまでのことが交互に語られていきますが、バロットの成長が本当に著しくて。もちろんまだティーンエージャーですから至らないところもあるけれど、それでも「テスタメント・シュピーゲル」終盤の涼月を思い出すような頼もしさと安心感がありました。彼女がどんな経験を経て協力者を得てあの場所に辿り着いたのか、ウフコック救出までの空白の時間の全貌が明らかになるのが待ち遠しい。
ところで、「アノニマスはウフコックの死が描かれることになる」という以前のインタビューがありましたが、そこに至る経緯は私が想像していたのとは違うことになるのが確定した(3巻ラストですでにその流れになってたけど)ので、ちょっとほっとしてます。フラグメンツでのあれは悲鳴を上げそうになったから、あれが最期じゃなくて本当に良かったけど……こうなると、「シザーズ」絡みになるのかなあ。

おそらく物語はこれで折り返し地点になるのかな。語られてきた敵のバックボーンと都市の悪徳と腐敗に、バロット&ウフコックコンビとイースター・オフィスと協力者の面々はどう立ち向かうのか。続刊が楽しみです。

作品名 : マルドゥック・アノニマス4
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 冲方丁
出版社 : ハヤカワ文庫JA(早川書房)
ISBN  : 978-4-15-031367-8
発行日 : 2019/3/20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください