『火鳳燎原(台湾版) 35~38』[陳某/東立出版集團有限公司]

円高のおかげで若干安く購入できた「火鳳燎原」台湾版35~38巻。……もはや邦訳版は半分諦め加減で大人しく台湾版を楽しんでますが、今からでもどっかに版権移して仕切り直してくれないものか……とひっそり願わずにはいられないファン心理(涙)

それはともかく感想ですが。書き忘れてた35巻からざっくりとーと思ってたのに、38巻読んだらそんな気楽な考えが吹き飛んだ。もういろんな意味で「伯符ー!」しか言えないよ、という心境になってます。おかしいな、私、基本魏スキーのはずなのに。
つーか、38巻はほぼ陳某先生のオリジナル展開が繰り広げられているのですが、呉スキーの人にはかなり嬉しいオリジナルなんじゃないかな、と思った。私でも、「孫策による曹操襲撃とか、なんて夢のカードっ!」とテンションあがったし。そんな夢の対決でテンションあがった巻の締めにアレとか、陳某先生は鬼ですか……orz いやでも次巻に持ち越されるのもうわああんとなるのが目に見えてるし、なぁ……。ともあれこれで江東情勢は一度作品の主軸からは離れることになるのかな。いやでも、仲謀関係とかもあるから一概にそうとも言えない、か?
その他ざくっとした感想を述べるなら、呂布の後を継いで張遼が裏主役に昇格(個人的認識)したり、末弟が大活躍な反動で締めるところは締めつつもやや影が薄かった(これも個人的認識)髯殿が本領発揮したり、呂蒙の成長フラグが成立したり、周瑜が郭嘉レベルにえげつない策を実行したり、鳳雛先生も相変わらず裏で立ちまわっていたり、甘寧と黄忠がかっこよかったりetcetc。見どころ盛りだくさんで、各巻堪能いたしました。

そういえば、袁方に新しい設定が追加されてましたが、あまり彼には良い感情を持っていないので「へー」ぐらいにしか思わなかったり(酷) え、でもこの人作中でもそんなに実績(検閲削除) ……こほん。まぁとにかく、その新規設定までひっさげて彼がどんな動きを見せるのか気になるところではあります。とりあえず、曹操軍の最恐頭脳連合(文若さんと奉考さんと文和さんと仲達)に叩きのめされればいいと思う(やっぱり酷)

さて。39巻は「官渡之戰」ということで。一体どんな燃え展開が待っているのか、とても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください