『やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 4』[永瀬さらさ/角川ビーンズ文庫]

読書記録

命を落とす間際、6年前に逆行した(記憶はそのまま)令嬢ジル。2度目の人生で破滅を回避し、婚約者となったかつての敵国の皇帝とともに幸せを掴もうと奮闘する最強令嬢の物語、第4巻。

3巻で帝国内というかハディスと兄姉妹たちとの関係が改善し、今回はジルの実家・サーヴェル家にご挨拶の巻。とはいえ、仮想敵国であるクレイトス王国の辺境伯を任じられているサーヴェル家への挨拶が一筋縄で行くはずもなく……。
「小説家になろう」で連載されていたときからそうでしたが、前半は「陛下のばか! 気持ちというか考えはわかるけどばか!」とか「あああサーヴェル家もクレイトス側もそうなるのはわかるけどーーー!!!」とか、まあかなりいろいろとフラストレーションが溜まる展開でしたが、それだけに後半のジルが爆発してからの展開が小気味よかったです。覚悟を決めた強い女の子、好き。また、今回はナターリエの知恵での戦いも印象的でした。「なろう」に掲載されている、ジルがやり直す前の「正史」では彼女の死がほぼ今回の展開と同じような流れで起きるだけにハラハラしましたが……最終的に、南国王から預かることになったあれが、今後に響いてくるんだろうな。なにより、ジェラルドと今度こそ良い感じになることもあるんだろうか。

そして、やはり気になるのは竜神と女神関連ですよ……本当に、何を忘れてるのラーヴェ様……と、新しい情報が見えてくるたびに頭を抱えてしまうんですが……。とりあえず、フェイリスの言葉からして、1度目はジルの死を起点に巻き戻ったわけではなさそうな? 彼女の死後も少し続いて、なにか決定的なことがあって女神が(おそらく一度だけの手段で)時間を巻き戻す&女神の槍で命を失った影響でジルの意識も引っ張られた感じなのかな。いずれにしても、クレイトス側も1度目とは異なる流れになっているのは間違いなく、今後どうなっていくのか気になります。……南国王もジェラルドも、いろいろと裏事情がわかってきた今、なんとか良い結末を迎えてほしいと思ってしまうんですよね……いや、1度目のジェラルドはそりゃあ弁解の余地なく最低最悪だけど、そこに至るまでは彼なりに足掻いてて、でも結局ああなってしまわざるを得なかったんだろうなーと思うし。

作品名 : やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 4
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 永瀬さらさ
出版社 : 角川ビーンズ文庫(KADOKAWA)
ISBN  : 978-4-04112323-2
発行日 : 2022/4/1

「好きラノ2021年下期」に投票してみる。

新年あけましてすでに数日経過してますが、おめでとうございます。今年も気ままに更新していきますので、よろしくお願いいたします。
さて、本題。いちせさん主宰の「好きラノ2021年下期」、あまり新作は読めていないのですが参加させていただきます。順不同。
“「好きラノ2021年下期」に投票してみる。” の続きを読む

2021年の雑な振り返り。

なんだかバタバタしてて、気がついたら9月からしばらく間が空きました。毎月更新を目標にしてたのが達成できずちょっと残念ですが、また来年心機一転頑張ろう。
で、2020年よりは気持ち程度マシだったように思えなくもないとはいえ、2021年も新コロのせいで諸々大変な日々でしたな……。一進一退の攻防が続いてる印象ですが、来年はもっと状況が好転して、新コロ前の状況に少しでも近づけることを祈るばかりです。
私生活の方では、思うところあってもう少しスキルを身に着けたいとあれこれ興味のある分野を勉強中。知らなかったこと・縁遠かったことについて、ぼんやりした輪郭だけでもわかるようになるには楽しい。来年も、読書や観劇といった趣味とうまく両立させながらあらためていろいろと学んでいきたいなあと思ってます。
そんなこんなで、2021年も残すところあと数時間。皆様、よいお年を。

宝塚星組「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」を観てきた話。

気がついたら夏が過ぎて秋の色が深まりつつある今日この頃。そろそろ存在自体を忘れ気味な緊急事態宣言発令の最中ではありますが、感染症対策に気をつけて行ってまいりました。
以下、(原作者ファン視点・ほぼ第一部のお芝居についての)箇条書き感想。
“宝塚星組「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」を観てきた話。” の続きを読む