『やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 1~2』[永瀬さらさ/角川ビーンズ文庫]

婚約者である王太子のある「秘密」を知ってしまったがために、捕らえられ処刑を言い渡された令嬢・ジル。脱獄を試みるも追い詰められ、神器で心臓を貫かれようとした、その間際。何が起こったのか、6年前、王太子との婚約が決まったパーティーに時間が戻っていた。王太子との婚約=将来の破滅を避けようととっさにジルが求婚した相手は、未来で最大の敵だったラーヴェ帝国皇帝・ハディスだった――と、そんな導入で始まる物語。ちなみに、「小説家になろう」で連載中。(現在、第3部途中)

並外れた魔力を持ち、1度目の人生では「軍神令嬢」と畏怖されていたヒロインのジルが物理的にも精神的にも強くて素敵でした。彼女の「旦那様」ハディスは逆に心身ともにアンバランスなものの、締めるところはきっちり締める感じ。そんな彼らが、次第に利害だけでなく、相手個人に興味を持ち絆されていく過程にニコニコできてとても楽しい。
あと、ジルの精神が16歳のままなので忘れそうになるんですが、肉体的には現代の感覚だけでなく作中世界の感覚でもアウトな組み合わせ(ジルの肉体年齢10歳に対し、ハディス19歳)になっているので、そこから生じる周囲の誤解(?)がまた楽し。
そういうらぶこめ要素だけではなく、徐々に明らかになってくる作中世界の事情が、これもまた面白い。「呪われた皇帝」ハディスが妻とする女性に求めていた絶対条件と、未来で憎悪に呑まれていた理由。ジルの時間が戻った理由。もしかしたら、そもそも彼女が1度命を落とすきっかけとなった「秘密の関係」にも関係しているのかもしれない神話の時代から続く竜神と女神の因縁に、ジルとハディス、そして1度目とは少し違う関係を結んでいる周囲の人々がどう立ち向かっていくのか、今後の展開が気になるところ。

余談ながら。ジルの人生やり直し前にハディス側で起きていたことの一部がWEBに掲載されているのですが、それがふつうにしんどくて、そりゃハディスも闇落ちしたくなるわ、という……。2度目では不幸フラグを片っ端から粉砕してくれているジルの頼もしさ・ありがたさがよく分かりましたとも、ええ。

作品名 : やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 永瀬さらさ
出版社 : 角川ビーンズ文庫(KADOKAWA)
ISBN  : 978-4-04-108963-7
発行日 : 2020/3/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください