『ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~』[餅月望/TOブックス]

ティアムーン帝国でわがまま姫と蔑まれていた皇女ミーア。革命によって処刑されたはずが、目覚めると8年前――12歳の頃に逆戻りしていた。前世で最期まで自分の側にいたメイドと文官を味方につけ、ギロチン回避のために失敗した過去をやり直す日々が始まった――という幕開けの、歴史改変ファンタジー。「小説家になろう」で連載中のWEB小説の書籍化。
表紙イラストがかわいかったのと軽く楽しめそうなあらすじに興味を惹かれて購入。

いかなる奇跡かやり直しの機会を与えられたミーアが、前世の経験と死の間際まで綴っていた血染めの日記帳(二度目の人生での行動によって内容が変化する)をもとに、ギロチンを回避するべく彼女なりに考えて行動していくのですが、彼女自身は特別優秀というわけではなくどちらかというとちょっとポンコツ気味ですらあるという。で、「我が身の安全第一」が本音の彼女、仇敵はできるだけ遠ざけ、もしもの時の人脈作りに励んでいたら、周囲の深読みや忖度で次々と状況が動いていくことに。その勘違いに対して、地の文でちょいちょい入るツッコミとかが妙に楽しい。
また、主人公のミーアも本質的にそこまで悪い子じゃないし(前世でも考えは足りないし我儘放題だったけど、積極的に民を虐げるほど悪辣ではなかった)、なんだかんだポジティブで憎めなさが程よく良い感じ。その他のミーアの周囲に集まる人達も、前世ではバラバラの立場だった(どころかミーアの処刑を決めた、彼女にとっては仇敵といえる相手もいる)のが、ミーアの行動(とそれを深読みしまくった結果)で今生では親しい関係になっていって。前世ではとりまきはいてもひとりぼっちで狭い場所にいたミーアに友人や仲間ができて、広い世界に接して前回とは異なる人生を(ギロチン回避という大目標は別にしても)楽しんでいる。そういう変化が、お約束ながら良かった。

あとがきをみたところ、2巻までは発売決定している様子。学術都市で青春謳歌中のミーアのやり直し人生がこの先どうなるのか、楽しみです。

作品名 : ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 餅月望
出版社 : TOブックス
ISBN  : 978-4-86472-815-7
発行日 : 2019/6/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください