『ミストクローク―霧の羽衣 (2)古からの声』[ブランドン・サンダースン/ハヤカワ文庫FT]

 『Mistborn: The Hero of Ages』、邦訳版第2巻。解放された〈破壊〉神を再び封じるため、奔走するヴィンたち。しかし、事態打開のための一手はなかなか見つからず、相手に徐々に追い詰められていき……という展開。

 読後真っ先に思ったのは、「え、あと1冊で終わるんだよねこれ」でした。いや、確かに終幕に向けていろんな謎――尋問官、カンドラ、コロスがどのように生み出されるか(予想以上にアレだった)とか、〈破壊〉神と〈保存〉神の関係とか、そういった部分の謎は明かされつつあるのですが、物語的には主要人物がさらに泥沼に嵌まっていってるというか。最強の戦力となるヴィンが、油断もあってこれまでで最大級のピンチに陥ってしまったり、スプークは相変わらず死亡フラグがげふんげふんだったり。つーか、テン=スーン視点は爽快感が勝っていたけれど、それ以外は溜めが多くて……一体ここからどうやって巻き返すんだー!と叫びたい気分にかられました。

 ともあれ、残り一冊。果たしてヴィンたちの戦いがどのような結末を迎えるのか。1月予定の最終巻でどれほどの「雪崩」が起きるのか、とても楽しみです。

作品名 : ミストクローク―霧の羽衣 (2)古からの声
    【 amazon , honto
著者名 : ブランドン・サンダースン
出版社 : ハヤカワ文庫FT(早川書房)
ISBN  : 978-4-15-020524-9
発行日 : 2010/11/24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください