【ラ管連るっ!】スタート:「空想堂」号

ラ管連じゃないけど、なんとなく便乗。

■ご挨拶
はじめまして以下略

■読書傾向について
さて、本題のオススメ紹介に入る前に私の読書傾向などについても簡単にご説明をさせて下さい。私がライトノベル(少年系)を読み始めたのは1994年頃、スレイヤーズ第一部が完結するかしないかぐらいの時期だったと記憶しています。もともと雑食性の本読みだったこともあり、気がついたら手を出していた、というとても適当な流れで読むようになりました。余談ながら、「ライトノベル」に少女小説系も含めるならば、手を出した時期はさらに3~4年程度遡ります。
読む作品の傾向としては、ファンタジーや歴史伝奇ものを比較的好んで読んでいます。ぬるめですが歴オタなので、そういう要素が含まれる作品にはとても弱いです。
ハーレム・逆ハーレムはちょっと苦手。まぁ、根が雑食性なのであまり深く考えず、面白そうだと思えばとりあえず手を出してみることも多いですね。なんだかんだで最終的には「面白いは正義」な思考です。
地雷を踏んでもそっとドナドナする主義ですが、稀に特定キーワードに反応して爆発したりもしてます。(オンラインでは文章打ってる間にクールダウンするので、滅多にそこまでキレませんが)
ちなみに最近だとビーンズ文庫の『レッド・アドミラル 羅針盤は運命を示す』、ハヤカワ文庫FTの「ミストスピリット―霧のうつし身」のほかGA文庫の『戦塵外史 五 戦士の法』、廣済堂文庫『八犬傳(新装版)』、中公文庫『廃帝綺譚』などが面白かったです。……え、ライトノベルじゃないのが混ざってる? 細かいことは気にしちゃいけません。

■マイ・ベスト・ライトノベル
ベストを、と言われても少年系ではこれ!というのがほとんどなにも思いつかなかったという体たらく。名前を出されると、あーあれ確かに面白かったね、と同意する作品はたくさんあると思うのですが。そんなわけで、少年系にこだわらず好きな作品を。

「運命のタロット」&「真・運命のタロット」:もはや刷り込みレベルで愛してる!
「天翔けるバカ」:WW1!
「アンゲルゼ」:これの補完本のために無理やり休み捻りだして東京まで行ったよ!

続きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください