読書メーター・1001データまとめ。

読書メーター記録の「2010年1月に読んだ本」まとめー。

1月の読書メーター
読んだ本の数:46冊
読んだページ数:12279ページ

サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
読了日:01月31日 著者:近藤 史恵
魔王は甘くささやく (コバルト文庫 せ 1-39)魔王は甘くささやく (コバルト文庫 せ 1-39)
新シリーズ開幕&顔見せ編終了、というところかな。懐かしさすら感じる怪奇小説っぽいノリで、普通に楽しかった。とりあえず今後の展開に期待。
読了日:01月30日 著者:瀬川 貴次
悪魔のソネット  永遠の扉は二人のために (角川ビーンズ文庫 56-13)悪魔のソネット 永遠の扉は二人のために (角川ビーンズ文庫 56-13)
完結。4巻の展開でどうなるのかと思ったけれど、予想していたよりは随分平和(?)にカタがついた印象。とりあえず、お幸せに。
読了日:01月30日 著者:栗原 ちひろ
身代わり伯爵の誓約 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の誓約 (角川ビーンズ文庫)
シアラン編完結。お話的には綺麗にまとまり、床ローリングもできて満足。…しかし、ここでシリーズ終わってもよさそうな気がするんだけど、まだ続くんだ。
読了日:01月30日 著者:清家 未森
戦国恋歌―眠れる覇王 (コバルト文庫 あ 19-3)戦国恋歌―眠れる覇王 (コバルト文庫 あ 19-3)
信長の前半生(桶狭間以前)を帰蝶視点で描いたという以外は、信長ものとしては王道の部類。王道過ぎて物足りない面もあるけれど、物語に彩りを添える政略結婚らぶは好物だし、全体的には楽しんで読んだ。
読了日:01月30日 著者:阿部 暁子
デュラララ!!×2 (電撃文庫)デュラララ!!×2 (電撃文庫)
アニメ合わせで再読。シズちゃんは1巻から無双だったような気がしてたのだけど、2巻からだったのね。
読了日:01月29日 著者:成田 良悟
空の彼方 (メディアワークス文庫)空の彼方 (メディアワークス文庫)
読了日:01月28日 著者:菱田 愛日
あなたがここにいて欲しい (角川文庫)あなたがここにいて欲しい (角川文庫)
読了日:01月27日 著者:中村 航
ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)
読了日:01月25日 著者:紅玉 いづき
高杉さん家のおべんとう高杉さん家のおべんとう
読了日:01月24日 著者:柳原 望
蒼空時雨 (メディアワークス文庫)蒼空時雨 (メディアワークス文庫)
読了日:01月24日 著者:綾崎 隼
お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)
読了日:01月24日 著者:時雨沢 恵一
でかい月だな (集英社文庫)でかい月だな (集英社文庫)
読了日:01月23日 著者:水森 サトリ
デュラララ!! (電撃文庫 (0917))デュラララ!! (電撃文庫 (0917))
アニメ合わせで再読。大枠はさすがに覚えてるけど、細部は結構記憶がいい加減だった。
読了日:01月23日 著者:成田 良悟
蜜柑次郎(1) (BLADE COMICS)蜜柑次郎(1) (BLADE COMICS)
表紙絵からほのぼの系の話かと思ったらそうでもなかった日本昔ばなしパロディ。この先はどういう展開になるのかな。
読了日:01月23日 著者:双葉よう
坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
(我が家は宗派違うけど)お寺&お坊様の修行・日常生活ってこんなんなんだーと興味深く読んだ。そして老師が素敵。
読了日:01月23日 著者:杜康 潤
エラントリス鎖された都の物語 下 (2)エラントリス鎖された都の物語 下 (2)
ラストあたりで「あーそういう展開に行っちゃうか」と微妙に勿体ない気分にはなったけれど、全体的にはとても面白い作品だったと思う。
読了日:01月22日 著者:ブランドン サンダースン
エラントリス 鎖された都の物語〈上〉 (ハヤカワ文庫FT)エラントリス 鎖された都の物語〈上〉 (ハヤカワ文庫FT)
読了日:01月22日 著者:ブランドン サンダースン
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
古代ローマの風呂限定設計技師ルシウスが、なぜか現代日本の風呂へとタイムスリップしてしまい、当地の様々な技術に驚嘆しながら、ローマに帰ってはそれを取り入れた風呂を設計する、というお話。本人は大真面目なのにボケまくってるとしか思えないリアクションがツボだった。言葉は通じないものの微妙にコミュニケーションが成り立ってる「平たい顔族」との付き合いも地味に楽しい。
読了日:01月21日 著者:ヤマザキマリ
百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
爆笑しつつ、農家の凄さ・苦労に頭が下がります。できるだけ国産品買おう。
読了日:01月20日 著者:荒川 弘
掘割で笑う女<浪人左門あやかし指南> (講談社文庫 わ 26-1)掘割で笑う女<浪人左門あやかし指南> (講談社文庫 わ 26-1)
文庫化による再読。
読了日:01月19日 著者:輪渡 颯介
ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚 (文春文庫)ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚 (文春文庫)
文庫化による再読。
読了日:01月18日 著者:宇江佐 真理
夜魔―奇 (電撃文庫)夜魔―奇 (電撃文庫)
読了日:01月17日 著者:甲田 学人
デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)
表紙にも堂々と顔出してるシズちゃんなのに、登場は2巻持ち越しとか…。話としては、エンジンかかる前なのでなんともですが、読んでるうちに1巻の内容思い出せて良かった。
読了日:01月17日 著者:成田 良悟
(眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) 幻想綺帖 二 玉藻の前(眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) 幻想綺帖 二 玉藻の前
美しく切ない幻想譚だった。
読了日:01月16日 著者:波津 彬子,岡本 綺堂(原作)
遊郭(さと)のはなし (幽BOOKS)遊郭(さと)のはなし (幽BOOKS)
悪くはないんだけど、期待してたほど怖さや不気味さはなかったかなぁ。一見ばらばらの話が繋がって、一つのはなしに収束していくのはまぁ面白かったと思う。
読了日:01月15日 著者:長島槇子
珈琲時間 (アフタヌーンKC)珈琲時間 (アフタヌーンKC)
珈琲が1話に1回登場するオムニバス短編集。私はお茶派なんですが、「ほっと一息」な空気が素敵で珈琲も悪くないかなと思った。
読了日:01月14日 著者:豊田 徹也
菜菜ごはん―野菜・豆etc.すべて植物性素材でつくるかんたん満足レシピ集菜菜ごはん―野菜・豆etc.すべて植物性素材でつくるかんたん満足レシピ集
野菜メニュー増強目的。
読了日:01月13日 著者:カノウ ユミコ
菜菜ランチ―野菜でつくるクイック弁当&おうちごはん菜菜ランチ―野菜でつくるクイック弁当&おうちごはん
野菜メニュー増強目的。
読了日:01月13日 著者:カノウ ユミコ
林檎の庭の秘密林檎の庭の秘密
いくつかの不思議な言い伝えが、「そういうもの」としてごく自然に受け入れられている田舎町を舞台にした物語。「不思議」の一つを受け継ぐ家の姉妹を中心にして、ゆるやかに動いていく人間模様と様々な出来事を楽しんだ。読みやすくて雰囲気も良い。結構好みの話だった。
読了日:01月12日 著者:サラ・アディソン・アレン
スロトレ完全版 DVDレッスンつきスロトレ完全版 DVDレッスンつき
気合い入れ直しに購入。DVDのおかげで動きが分かりやすい。
読了日:01月11日 著者:石井 直方,谷本 道哉
パリは恋と魔法の誘惑(アシュリン&ドラゴン・シリーズ) (イソラ文庫) (ハヤカワ文庫 マ)パリは恋と魔法の誘惑(アシュリン&ドラゴン・シリーズ) (イソラ文庫) (ハヤカワ文庫 マ)
あらすじを読んで、(株)魔法製作所みたいな感じかなーと購入してみたんだけど…うーん、なんだろうこの残念感。個々の要素だけ見ると、面白そうと思うんだけど。
読了日:01月10日 著者:ケイティ マカリスター,Katie MacAlister
デュラララ!!×7 (電撃文庫)デュラララ!!×7 (電撃文庫)
休日を満喫する人々の姿を切り取った短編集。1巻以来大人しかった某人たちの本性を久しぶりに見たけど、相変わらず病んでるね…。
読了日:01月09日 著者:成田 良悟
浪華疾風伝 あかね 壱 天下人の血(ポプラ文庫ピュアフル) (ポプラ文庫 つ)浪華疾風伝 あかね 壱 天下人の血(ポプラ文庫ピュアフル) (ポプラ文庫 つ)
大坂落城の際、家臣とともに落ち延びた豊臣の血をひく姫君。生き別れの弟の消息を求めて密かに大坂に戻ったところ騒動に巻き込まれて…という時代小説。何が本当で何が嘘か、これから先どういう風に話が展開していくのかとても楽しみ。…ところで甲斐さんは○○関係の人という理解でよろしいか。よろしいですね。(自己完結)
読了日:01月09日 著者:築山 桂
葛野盛衰記葛野盛衰記
読了日:01月08日 著者:森谷 明子
オリエンタル・ロマンス 騎士は花嫁を奪うオリエンタル・ロマンス 騎士は花嫁を奪う
古典的少女小説、という印象かな。恋愛過程とかがかなり端折ってあったりで、とにかく物足りない。千夜一夜物語風味を出すならもっとこう(削除されました)
読了日:01月08日 著者:館山 緑
バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫)
定番の学園祭ネタ。皆バカだなぁ若いなぁ、と気軽に楽しんだ。
読了日:01月07日 著者:井上 堅二
北前船始末―長編時代小説 (双葉文庫―緒方洪庵浪華の事件帳 (つ-08-12))北前船始末―長編時代小説 (双葉文庫―緒方洪庵浪華の事件帳 (つ-08-12))
再読。このシリーズの続編は、(設定・史実的に)やはり難しいのかなぁ。
読了日:01月06日 著者:築山 桂
禁書売り―緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)禁書売り―緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)
再読。
読了日:01月05日 著者:築山 桂
用心棒日月抄 (新潮文庫)用心棒日月抄 (新潮文庫)
何度目かの再読。やはり面白い。
読了日:01月04日 著者:藤沢 周平
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
幕間テストで爆笑した。
読了日:01月03日 著者:井上 堅二
月の船星の林―地獄の花嫁がやってきた (コバルト文庫 せ 1-38)月の船星の林―地獄の花嫁がやってきた (コバルト文庫 せ 1-38)
大団円、だけど駆け足展開がもったいない…。それにしても、多佳子様は最強すぎる。
読了日:01月03日 著者:瀬川 貴次
鳥にしあらねば―地獄の花嫁がやってきた (コバルト文庫 せ 1-37)鳥にしあらねば―地獄の花嫁がやってきた (コバルト文庫 せ 1-37)
こっそり(?)表紙にもいるカラス天狗かわいいよカラス天狗。
読了日:01月03日 著者:瀬川 貴次
海民と日本社会 (新人物文庫 あ 3-1)海民と日本社会 (新人物文庫 あ 3-1)
読了日:01月02日 著者:網野 善彦
ぶたぶたの食卓 (光文社文庫)ぶたぶたの食卓 (光文社文庫)
『再びのぶたぶた』つながりで再読。信江さんチャーハンはやはり美味しそう。…しかし、チャーハンだけじゃなくあのお店のギョーザとかも食べてみたい。
読了日:01月01日 著者:矢崎 存美
ミサキラヂオ (想像力の文学)ミサキラヂオ (想像力の文学)
少し先の未来で、田舎町「ミサキ」に開設されたローカルラジオ局をそれぞれの形で取り巻く人々の群像劇。いろんな人の日常の積み重ねが生み出すミサキの物語を、まったりと眺めて回ったような印象。
読了日:01月01日 著者:瀬川 深

読書メーター

1月に読んだ中では、『林檎の庭の秘密』と『浪華疾風伝あかね』がお気に入り。「あかね」は3月に2巻予定と、(現在のところ)ペースが速いのも嬉しいです。
あとはコミックも当たりが多かった。特に『テルマエ・ロマエ』は大真面目にアホすぎた。『高杉さん家のおべんとう』はとある事情で一緒に暮らすことになった従兄妹が、おべんとうを通して距離を縮めていく様子が微笑ましかった。最後の「よん」で波乱の予感?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください