宝塚花組「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」を観てきた話。

現トップ男役・明日海りおさんの退団となる公演。ただでさえチケット難の花組なので確保できないかもなあと思っていたのですが、運良く友の会の先着先行で1公演確保! 一度劇場で観たてみたいーと言ってくれていた友人と一緒に観劇してきました。以下、さらっと感想。

・タイトルそのまま、大人を対象にした「おとぎ話」な雰囲気。事前にざっと眺めた感想では賛否両論ある感じだったけれど、わりと好きな雰囲気のお芝居でした。
・ただまあ、その場面でスポットが当たっている人以外は動きが少ないというか。静かに佇んで見守っている、みたいな演出が多かった気がするのは私としてはマイナスポイント。
・明日海さん演じる薔薇の精霊エリュは、あるとき出会った人間の少女に淡い想いを抱きやがて精霊の掟(関わった人間に自分たちの存在を忘れさせる)を破ってしまった、という役。前作のカサノヴァがめっちゃ人間!だったのに対して、浮世離れしてる感が強かった。
・お話としては、エリュが少女を探すために協力を求めた植物学者ハーヴィー(柚香光)との交流を経て少しずつ自分の認識を変えていくのが見どころ……のはずだと思うんだけど、その部分はちょっと駆け足というか掘り下げもう少しーと思わなくもなかった。
・罰を受けているときの青い薔薇の精霊姿も良かったけど、ラストの白い薔薇の精霊に戻った姿はとても美しかったです。
・エリュと交流を持った人間の少女・シャーロットを演じるのは、これがトップ娘役として大劇場お披露目となる華優希さん。10代の少女から老境までを好演されていましたが、うーん、なんというかこう、ちょっと物足りない感というか印象が薄めだったかな。明日海さんの相手役というより、次の柚香さんの相手が主になるから、今回はあえて抑えめになったのかもしれませんが。
・その他では、ハーヴィーの所属するヴィッカーズ社の社長を演じる瀬戸かずやさんがいちいち扉をバーン!と開けて出入りするのがなんかかわいかった。「時は金なり!」の歌も結構好き。

・二幕の「シャルム!」は、花と光の都パリに眠る、妖しくも人の心を惹きつける地下都市を舞台に繰り広げられるレヴュー(by公式)
・ハット&スーツ、軍服、黒燕尾と、ダンスの場面がフォーメーションや動き等見どころ多かったなーと。
・途中、「死の舞踏」が流れた瞬間に思わず反応するコルダ3・4ファン(笑)
・終盤、これからの花組を担う男役三人(瀬戸さん、水美さん、そして柚香さん)それぞれを順番に激励する明日海さんに、「ああ、本当にこれが最後なんだなあ……」とあらためてしみじみした。
・しかし、華さんはもう少しこう、うまく組み込めなかったんだろうかと……ちょっともったいないというか……いや、今回はあえて抑えめに以下略。

・宝塚大劇場初体験の友人、終演後にちょっとドキドキしながら感想聞いたけど、楽しんでくれたようでとても嬉しかった!
・ライブビューイングにも行く予定ですが、劇場での観劇とLVでは不思議と感じるものが変わるし、本当、今回チケット取れて、明日海さんの最後の大劇場でのお芝居を観ることができて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください